潮の満ち欠けによる人間の命の行方

私の親友の奥さんが看護師をしています。

その奥さんから
聞いたお話で興味深かった内容を書いて見ます。

「病院に勤めていて
僕たちの知らない様なこと何か教えて」・・・・・と私が
お願いしすると

じゃあ、、、、、と

こんな話を聞かせてくれました。

潮の満ちかけで人間の命が左右されてるの知ってる?

知ってると言うか
「満月の時に赤ちゃんが生まれやすいというのは知ってるよ」・・・と私が答えると

そうそう

じゃあ、、、、

「潮が引いた時に人が亡くなるのは知ってる?」

えっ、、、、

生まれて始めて聞く話でしたから
正直ビックリしてしまいました。

看護師さんの間では良くある話で

夜勤の当番の時に良くそんな話題になるそうです。

人が亡くなると言っても
事故や殺人事件とかでは無く

延命処置をしないで欲しい・・・・と言われる患者さんのことだそうです。

延命処置をしないで欲しいと言う方やご家族は
増えて来ている傾向らしい。

自分の身内がただ機械で生かされているだけ・・と言うのを痛々しくて見ていられないから
と言う人もいるでしょう

潮が引いた時に無くなる確立は
高いそうです。

人間って不思議だなって改めて思い知らされました。

余談ですが

私の住む町は
全国でも生活保護手当受給率の高い地域です。
※良い悪いではなく現状を伝えています。

親の年金で暮らしている方もたくさんいるそうです。

だから、、、、

親には早く死んで欲しくないのです。
一日も多く長く生きていて欲しいのです・・・・・・・。

年金が長くもらえるように・・・・・。

だから、、、

お医者さんに
延命処置をして欲しい、出来るだけ長く生かして欲しいと
違う意味で医者に訴えかける家族もいるそうです・・・・。

衝撃的でした   この話は。

何かがおかしい。

2010年8月8日 カテゴリ:[へ~って言うお話]

コメントを残す

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)

サブコンテンツ

このページの先頭へ